THE BLOG

19
12月

調査の大半を占める張り込み。最新の調査機材が活躍します。

みなさん、こんにちは。

連日のご相談、ご依頼ありがとうございます。

IMG_0550 IMG_0549IMG_0558

 

調査員歴23年、主に東京都内で調査をしております、AHです。

今日は調査の大半を占める張り込みについてお話しをしたいと思います。

調査員は必ず、調査初日の前(前日または数日前の夜)に開始場所の下見を行います。

その下見の際に、付近の道路状況や出入口の数の確認を兼ねて張り込み場所の選定を行います。

なぜ、下見を行うかと言うと、調査の当日に開始場所周辺を周回して、調査対象者や近隣住民に警戒されない為です。

張り込みがその後の調査の結果を左右すると言っても過言ではない為、張り込み場所の選定は慎重に行います。

もし、みなさんが自宅から出かける時に、見慣れない車が路上に止まっていたり、見慣れない人物が路上に立っていたら、気になりますよね!?

 

調査員が最も張り込みづらい場所のひとつが住宅街です。

中には有料駐車場などから張り込めるケースもありますが、東京都内の住宅街ではごく稀です。

昨今では住民の方も周辺の変化には非常に敏感です。

住宅街での張り込みで活躍するのが、遠隔監視カメラです。

いわゆる、映像を電波で送信するタイプのものです。

このカメラを状況に応じて細工し、調査対象者が出入りする出入口付近に設置します。

例えば、自転車やバイクのライトのレンズの中や、時には植込みの中に設置します。

もちろん雨が降っても大丈夫なように防水加工を施します。

そして調査員は少し離れた場所に車を止め、車内のモニターでカメラから送信されてくる映像を見ながら張り込みを行い、不貞の証拠撮りの場合はハードディスクに録画します。

最近はカメラも高性能ですから、映像はかなり鮮明です。

このような方法で張り込みを行うと、調査報告の時にご依頼者の方から、「どこで張り込んでたのですか?」と質問されることがあります。

遠隔カメラでの張り込みは、嫌がらせや悪戯現場での張り込みでも有効です。

例えば

●水道の蛇口をあけられる

●車に悪戯される

●落書きされる

などです。

犯人は警戒心が非常に強く、外からやって来る訳ですから、調査員が普通に張り込んでいたのでは、目的の証拠を押さえる前に現場から立ち去ってしまいます。

このように調査員は色々な方法で張り込みを行います。

また次の機会で調査機材などをご紹介できればと思います。

IMG_0562IMG_0048

 

 

 

 

 

15
12月

お店では様々な商品が売られていますが、 調査会社が売っている物とは。

調査会社によって料金に違いがあるのはご存知の通りです。
調査方法の違いによるものですが、
その基準となる目安は、今だもって非常に曖昧であるが為に、
お客様側の選ぶ判断基準にも迷いが生じてしまう訳ですね。

よくよく考えると、お客様が求める目的はひとつな訳ですから、
調査料金に大幅な開きがあるというのは、おかしな話ですね。
調査会社側の勝手都合によるところだと言わざるを得ません。

この事を踏まえつつ、少し考えなくてはいけません。
では、調査会社が売っているものとは何ですか?
それはまさに『調査結果』です。

FullSizeRenderIMG_0532

所在調査では、対象者の居所が目的となりますが、
見つかる、見つからないは、
依頼先の調査会社の技術や能力におおいに比例します。
では見つかる調査会社とはどの様に判断するかを
ずばり!お教えします。

《依頼時に調査方法をより具体的に教えてくれるかどうか》です!!
見つける自信のある良心的な会社は、
そのケースに合わせた調査方法を具体的に教えてくれます。
少なからず当社はお伝えしています。

23

逆に高額料金ばかりを優先に考える会社や、
安い料金をウリにして結果はいい加減な会社は、
「調査方法は企業秘密です」と言って教えてくれないか、
「説明が大雑把で解りづらい」と言えます。
所在調査の場合は繰り返しになりますが、
①具体的な調査方法を聞き、
②見つかりそうか、見つかりそうもないか、尋ねてみましょう!
この点が大事です。

では、次に『調査結果』と言えば浮気調査ですね。
1

これは、普通にキチンと調査さえ出来れば不貞の証拠は撮れるはずです。
余程いい加減な調査会社でなければです。

証拠を得る得ないは、調査実行日が当たる当たらないによりますよね!
では、ここで大事なことです!
証拠を撮る為に、その会社が『どの様に調査日を設定してくれるのか』に尽きます。
逆に、『どうしたら効率よく、費用面も考慮しながら、証拠を撮る事が可能かを考え、
提案してくれるか』が重要な判断所になります。

①高額費用になるにも関わらず、
1週間2週間調査を続けて行えば2人は必ず会いますから、
失敗する日があってもしょうがない
②お客様の希望日に調査しますから、結果の責任はとれません

これでは、本当のプロではないと思いませんか?

調査のやり方さえ間違わなければ、殆どの浮気調査は証拠が撮れます。
また、調査会社の売り物の中には調査技術も含まれていますね。
より鮮明な証拠写真、臨場感溢れる証拠ビデオ、
浮気相手の住まいの割り出し、
特にマンションの部屋の特定は技術に差が出ます。

これらの『調査結果』は、「調査報告書」としてお客様に手渡されます。
この報告書がまさに商品です。

以上、色々と記述しましたが、以下の事に気をつけてご相談してみてください!

①具体的な調査方法を聞いてください。
②効率よく証拠や結果がでる様に提案を聞いてみてください。
③商品である、調査報告書のサンプルを手にとって見てください。

4

調査会社とお客様のどちらも信頼しあえる関係である事が大切だと思います。

是非一度当社にご相談ください。

11
12月

場所は宮城県。遠方の調査は地元に頼む? それとも地方の業者がお得?

みなさん、こんにちは。
今月8日~9日にかけて
遠方調査に慣れた調査員を2名選抜し、
宮城県に調査で行って参りました。

IMG_5740

前日7日の深夜に出発して翌日の8日早朝から現場開始です。

当日は車2台でひたすら高速道路を走行し、
現場が終わった初日の夜は
仙台市内のビジネスホテルに宿泊しました。

そして2日目の早朝から再び調査開始し、
その日の午後には現地を出発して帰路に向かいました。

遠方の調査では、
自分の住まいに近い地元の業者に依頼するか、
現地に近い地方の業者に依頼するか迷うところではないでしょうか。

どちらもメリット、デメリットがありますね。
地元業者では、遠方に行く分、交通費や宿泊費、
遠方手当などが余計に請求されます。
しかし地元業者である分、安心感はあります。
けれども中には、大手と名乗る業者でも
下請けで地方の個人事務所に丸投げしてしまうケースがよくあります。
委託業務と言うケースです。

この場合、委託された業者は、直接お客様と契約関係にはありませんから、
顔も見えなければ、気持ちもわかるはずがありません。
ならば、果たして責任ある良い調査が出来るのか、疑問に思います。
また、最終的な責任の所在もあやふやですね。

では、地方の業者ではどうでしょう。
交通費や宿泊費の削減はできます。しかし
依頼の時点で、電話、メール、FAXによる相談や依頼では、
様々な誤解や、今ひとつ話が通じていないなど、
信頼性に欠けてしまう恐れがあります。
後々トラブルになる場合もよく耳にします。
お客様と面と向かって、
お話を聞いて、ご説明する事は非常に大事なことです。

この様なことを総合的に考慮しますと、
なるべく地元の顔の見える業者に依頼をして、
委託ではなく、自社対応で調査を行ってもらうのが、良いかと思います。

因みに、今回は割と近くの宮城県での調査でしたが、
交通費や宿泊費用は別途ご請求しておりません。
また、遠方調査では、極力交通費や宿泊費を抑えて費用を事前に算出しております。
余計な手当てなども費用に入りません。

費用を抑え、フットワークも軽く、日本全国
場所に限らず、自社対応で調査しておりますので、お気軽にご相談ください。

因みに、お土産は牛タン煎餅でした。。。

IMG_0535

ちょっとガッカリでした。。

05
12月

浮気相手の身元や素性が知りたい。 調査の方法について。

連日のご依頼、ご報告と皆様にご利用頂き、ありがとうございます。

年間を通して、この12月は浮気調査の案件が特に多くなります。

その中でお話を伺うと、大抵は2つのパターンに分かれます。

①  浮気の確証が欲しい

②  証拠はいらない、相手の事が知りたい

どちらも、メールや手帳のメモ書き、財布の中身などから、夫や妻が浮気をしている事をほぼ把握した上で、ご相談に来られます。

この時に、証拠を押さえる事をメインに考える方と、先ずは相手の事を知りたいと考える方に分かれます。

証拠を優先に考える方は、この先、離婚も視野に入れて、広く状況対応を考える事ができます。

今は騒ぎ立てず様子を見る事も出来ます。

先ずは相手の事が知りたいと考える方は、全体的にまだ迷いがあり、対応に戸惑ってる印象があります。

もちろん、寝耳に水の如く、予期する事なく急に不幸が自分の身に降ってきた訳ですから、無理もありません。

『相手の事が知りたい』

例えば

①名前はわかっている場合。

②勤務先はわかっている場合。

③大体の自宅がわかっている場合。

④携帯番号はわかっている場合。

⑤メールアドレスはわかっている場合。

⑥全く何もわかっていない場合

目的

①自宅を知りたい

②名前を知りたい

③勤務先を知りたい

④携帯番号など連絡先を知りたい

⑤家族構成などを知りたい

⑥実家住所を知りたい

⑦顔写真が欲しい

など。

調査は、目的別に、知っている情報によって、調査方法がかわります。

もちろん、相手を知る事は、浮気を止めさせるにも、場合によっては慰謝料請求するにも、必ず把握すべき項目のひとつです。

但し、私たち調査のプロから助言させていただくと、あくまでもきちんとした、法の下、立証可能な証拠を掴んだ上で、相手を把握する事が重要です。

順番的には、《証拠》→《相手身元》

費用の観点からも、証拠を押さえる調査の流れで、相手の特定や素性を調べますので、最初から相手を先に調べる為の調査費用よりも、効率が良く、費用も抑える事が出来ます。

お客様の立場で、浮気の問題を考えた時、証拠調査を基本にして、その中で相手の身元も入れて組み立ててしまう事が、費用面でも対応面でも、より賢く調査利用出来る方法です。

他社様で高い見積もりを出されあきらめかけている方や、限られたご予算で何とかしたいとお考えの方は、是非一度当社にご相談ください。

IMG_0492

 

連日、沢山の方からのご相談、ご依頼ありがとうございます。

FullSizeRender (1) FullSizeRender

極力、早く皆様にご報告できるよう努めておりますので、今しばらくお待ちください。

FullSizeRender (2)

 

01
12月

いくら請求出来るの? 妻から夫の浮気相手への慰謝料請求と その実情。

こんにちは。

調査後のアフターサポートを担当しております。

早速ですが本題に入らせていただきます。

皆様が、浮気調査で証拠を押さえた後、やるべき事のひとつとして、浮気相手への慰謝料請求があります。

お客様の中には、ご主人との修復を見越して、浮気相手には慰謝料請求をされない方もいらっしゃるのですが、その場合でも相手と話し合いを行い、取り決めや誓約を決めなければなりません。

何もせず、見過ごす方は殆どおられません。

現状維持を理由とし、ご主人にも相手にも一切何も言わない方も中にはいらっしゃいますが。

ここでは、慰謝料請求を前提にお話を進めたいと思います。

では、いったいいくら請求し、勝ち取る事ができるのか。

交際期間や相手の事情などによる事もありますが、これまでに私が知り得た情報としてお伝えしますと、

おおよそ『50万円~300万円』です。

平均的には120万円~150万円です。

少ないと感じる方もいらっしゃると思います。

あくまでも平均値ですから、200、300と、貰う方もおります。

ここ最近では、500万円と言う方もおりました。

慰謝料とは、あくまでも本人が、事の行為責任を認識し、相手に謝罪する気持ちと共に本人が痛みを感じるもの(慰謝料)を代償として支払うべきものです。

2人の違法行為により、本来ならば発生する事のない余計な時間とお金《調査料》がかかっているのも事実です。

精神的苦痛もしかりです。

せめて調査料くらいは、浮気相手に払わせたいと思う気持ちはよく理解できます。

同感に思います。

そして請求方法については、代理人(弁護士)を介入する、通知などによる(司法書士、行政書士)などございますが、先ずは本人に直接会いに行き、話をする事をお勧め致します。

十分な証拠は手元にありますから、浮気した、しないで揉める事はまずありません。

《示談書の参考》

①事実関係及び謝罪

②慰謝料

③交際の禁止

④連絡等の禁止

⑤守秘義務

⑥合意管轄

⑦債権債務の不存在

お客様によって、選択肢は様々です。

やり方ひとつで、条件も変わってきます。

専門分野の方々と私たちが連携して、お客様をサポートしていきます。

どの様に話を進めるか、何を用意したら良いか、など調査後も引き続き、より具体的にサポート致しますので、ご安心ください。

 

 

IMG_0484IMG_0487

昨日、今日とご報告させていただきました。

連日のご相談、ご依頼、ご報告と皆様ありがとうございます。

調査中、終了後に関わらず、疑問点やご要望などございましたら、お気軽に担当者又は事務所まで、どうぞご連絡下さい。